ルファンカップ 準決勝 1st FC東京対浦和レッズ


代表組不在の試合 両チームとも自陣でのミスはあったが、割とテンポの速い試合だった。
後半からは、FC東京が積極的に人数をかけ先制。
先制後は、雨も強くなったようでピッチの影響もあるのか、
レッズのパスミスからFC東京が攻め込むという展開が続くが、
少し前がかかりになったところをレッズが攻撃的な選手を入れ替え
逆にリズムをつかみ、逆転。
先制してから河野投入でさらに追加点を狙っていたが、
準決勝の第1試合でホームということを考えると守備を固めてよりカウンター重視にするという展開もあったのではないだろうか・・。

気になった選手
中島 
視野が広く、下がって羽生へのロングパスは絶好のチャンスになった。
狙える時には果敢にシュートを打つ意識もいつも通り高い。
ただ、決めるべき時に決めていれば・・・と思ってしまう。


高橋
序盤は、パスミスによりピンチを作ってしまうなど安定感に欠けるシーンもあったが粘り強く対応している。後半から積極的に攻撃にも関与しリズムを作る。

運動量もあり、先制点もお見事だったが、
判断力の遅さが気になる。もっと思い切りよくプレーしてほしい。
以前はもっと思い切りのいい選手だったと思うだけに、少し残念。


守備に関してはさすが。1対1に強く、しっかりと前田を抑える。
駒井
ここ最近、調子がいい選手。サイドからチャンスを作る。
もう少し工夫があってもいいか・・。
高木
同じく、最近調子がいい選手。同点ゴールは圧巻。
ファーストタッチの巧さは相変わらず。